ブログ

アメリカでは数年前からマイクロユニット住宅が開発されつつある。

アメリカでは数年前から、住宅不足を解消すべく、全米各地で400平方フィート(37.2平米)以下のアパート、いわゆるマイクロユニット住宅が開発されつつあります。

日本の家づくりに置き換えてみても、選択肢として、小さな家はあると思うんですよね。

最近は、デザインのレベルが上がってきているので、小さな家に少しづつ魅力を感じ始めている方も増えていると思いますが、まだまだ足りないのが、

  • 機能性
  • 大きい小さいの感覚
  • 住まい手の住むチカラ

というところかなと感じています。

機能性

日本の注文住宅の場合、小さな家で暮らすための、機能性を高めるための施策をしないことの方が多いんですよ。機能性の高いインテリアとかあまり目にしないですよね。提案する側にその知識がない&面倒くさいというのも影響しているかもしれません。上記で紹介した動画を拝見しても、多機能な空間になっていますよね。

大きい小さいの感覚

また一般的には、大きれば良いという感覚があります。だから、提案する側も、土地に対して、目一杯の大きさを建てる方が圧倒的に多いわけです。さらには、借入額に対して予算目一杯に建てた方が、利益増えますから(笑)

住まい手の住むチカラ

そして、物が片付けられないことも影響して、大きな収納など、無駄なところに広さを求めるわけです。「物が多い」とか「物が片付けられない」って、損ですよ。住面積同じなのに、収納が大きいため、無駄にコストアップしている家とか、たくさんありますから。

関連記事

ページ上部へ戻る