ブログ

小さい家は昔からあった!?一般の方が住みこなせる最小限住宅は?

「小さくてかしこい家」をコンセプトに、3.5間×3.5間の家に暮らすというライフスタイルを提案しています。

そのキッカケになっているのが、「9坪ハウス」という住宅です。

「9坪」はあくまで、建坪(建築面積)の話で、三間×三間=9坪の一階と、3坪の吹抜けと6坪の二階で総床面積は15坪です。ただ、「九坪ハウス考」を読むと、この広さでは3人が限度のようで、4人家族だと、吹抜けを潰して床を貼り、床面積を18坪にしているようです。

もともとオリジナルの最小限住居も、さまざまな変更を経験している。三人で住みはじめ、二年後に長女が生まれ、すぐに二階の床をはったらしい。

「九坪ハウス」の考え方は非常にユニークなのですが、やはり、つくる側も住む側もかなり選んでしまうのは明らかですし、ビジネスとして上手くいかないのは、これまでをみればわかります。2000年前後にグッドデザイン賞や雑誌での特集などで、注目を集めたにも関わらず普及してないってことは、「売れない」ってことなんでしょう。

例えば、三間×三間の「九坪ハウス」って、玄関がないんですよね(笑)デッキのある引き違い戸から出入りするっていう・・・三間×三間だと、建築的な要素が強いのか、普通の人が住むのはハードルが高いですよね。

増沢洵《最小限住宅》平面図 出典=『現代日本建築家全集13』(三一書房、1972)

世間の広さの感覚は・・・

「4人家族に必要な広さは、どのくらい必要か?」なんて、本当の答えは誰もわかりません。その家族のライフスタイルも関係してきますから、35坪でないと暮らせないかもしれませんし、27坪でも暮らせるかもしれません。

4人家族27坪はマンションでのデータのようなので、戸建てだと30坪位でしょうか。国のデータだと4人家族で38坪という目標値。これは広すぎでしょう(笑)

その辺りのデータを踏まえたら、「三間×三間」からもうワンサイズ大きい、三間半×三間半の約25坪辺りが、一般的な4人家族向けなサイズだと思い、この「3.5Life」を立ち上げています。そのサイズに実際に住んでいる方は、何組も知っていますし、ちゃんと設計すれば、4人家族でも狭さを感じず、十分に暮らせます。

もちろん、「この約25坪の小さな家が絶対だ」と押し付けているわけではなく、「自分たち家族に必要な広さはどのくらいなのか?」そんな風に考えるキッカケになればいいんですよ。その上で必要であれば広くすればいいと思います。最小限住宅とか小さな家とか、受け止められるのは全体の2割いればいいほうだと思っています。

関連記事

ページ上部へ戻る